ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    6b837a1f-s

    出来る限り、天井で売り、底で買うことを目指しております!!

    気にしている指標は以下の通り。

    資金管理
    ・1ドル100円以上なら、円積立。1ドル100円未満なら、ドル積立

    買い条件
    ・騰落レシオ60%割れ
    ・サーキットブレーカー発動
    ・株価指数が高値より20%オフ以上
    ・○○年ぶり、××以来、歴史的な〜というネガティブなニュースキーワード

    売り条件
    ・騰落レシオ150%超え
    ・○○年ぶり、××以来、歴史的な〜というポジティブなニュースキーワード
    ・購入銘柄が倍になったら半分売却(単独条件)

    個別銘柄の買い条件
    ・200日移動平均線超えの出来高増
    ・1株500円未満の低位株
    ・配当利回り3%以上

    局面ごとの注目セクター
    ・日経平均が200日線より下、かつ金利が利下げ傾向:通信株、ヘルスケア株、公共株、消費安定株
    ・日経平均が200日線より上、かつ金利が利下げ傾向:ハイテク株、金融株
    ・日経平均が200日線より上、かつ金利が利上げ傾向:機械株、素材株、消費循環株
    ・日経平均が200日線より下、かつ金利が利上げ傾向:エネルギー株

    ファンダメンタル
    ・株価は金利動向(7割)と企業業績(3割)で決まる
    ・目先の利益が大きいのか?将来の利益が大きいのか?冷静に考えよ!!(目先の利益に騙されるな!!)
    ・キホン、PER10倍未満。ただし、進捗率の良い場合は、PER15倍未満
    ・外国人労働者(派遣)関連、省力化関連、AI関連、シニア関連など、テーマ性のある株
    ・これから5〜6年間、成長が見込める業界や銘柄
    ・配当利回り3%以上
    ・利下げがスタートしたら成長性重視、利上げがスタートしたら配当利回り重視
    ・利下げでも、小刻みな利下げは良いが、大幅な利下げは注意が必要
    ・決算チェックしていて良いと感じた企業
    ・オワコン産業の中の成長企業
    ・短信の中に、単月黒字などの文言が記載された復活の兆しが見える企業
    ・金利上昇局面は景気敏感株
    ・金利低下局面はグロース株

    テクニカル
    ・騰落レシオ60%割れや150%超えというのは数年に1度しか起こらない
    ・サーキットブレーカー発動は数年に1度しか起こらない
    ・為替(円ドル)、金価格はリスク状況を表す
    ・原油価格は景気状況を表す
    ・騰落レシオ 買い 80%以下 売り 120%以上
    ・信用評価損益率 買い −15%〜−20% 売り −7%〜−5%
    ・景気線・業績線と呼ばれる200日線の上を推移する銘柄に注目
    ・MACD ゴールデンクロス 買い デッドクロス 売り
    ・注目出来高 25億株以上
    ・ボリンジャーバンド 買い −2σ以下 売り +2σ以上
    ・最高値・最安値・出来高増の半年後

    アノマリー
    ・株価の需給は人間の感情に左右される
    ・○○年ぶり、××年以来というキーワードは、天井あるいは底のシグナル
    ・不動産リートの暴落は、1年後に実際の不動産価格に反映
    ・長短金利差が逆転してから、1年〜3年後にリセッションが起きる可能性が高い
    ・大統領就任時と中間選挙時のマーケットのパフォーマンスは悪い
    ・大統領選時とその前年のマーケットのパフォーマンスは良い
    ・原油は冬の暖房需要、夏のドライブ需要
    ・金はインドの結婚シーズンによるジュエリー需要(9月)と、欧米でクリスマスに向けた宝飾品需要(11月)
    ・節分天井、彼岸底など、月毎のアノマリーを参考にする
    ・2月、8月は米国債利払いによる円高
    ・3月、9月は決算期でのリパトリによる円高
    ・5月、11月は外資系ヘッジファンドの決算月
    ・6月、12月は欧州系ファンドの決算月
    ・3月、9月は国内の機関投資家の決算月

    以上。

    新版 ちゃんと儲けたい人のための株価チャート分析大全 [単行本]

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    にほんブログ村 株ブログへ 【仮想通貨預かりサービス「デジポケ」が破産 不正アクセスによる一部預かり資産の流出など】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





    にほんブログ村 株ブログへ 【愛媛県松山市にある食品スーパー「八百マート」が破産 大型スーパーとの競争激化など】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2021/09/03(金) 18:05:34.80 0
    ――今の日本のテレビについてはどう思いますか?
    日本のコンテンツは世界に十分通用すると思います。
    生放送も器用でうまい。
    朝からニュースや情報番組をやっていますけど、にぎやかで、あの見せ方は上手ですよね。
    民放の昼間のテレビも楽しいし、けっこうためになる。
    世界的にみても日本のテレビ技術は最高で、見た目がとてもいいし、テレビそのものはすごく優れている。

    しかしここ10年で、テレビを取り巻く環境が変わってしまった。
    いままでなかったNetflixやAmazonプライムビデオなどの映像ストリーミング媒体が出てきてテレビの視聴者をどんどん奪っている。
    けれど日本のテレビはそういう流れを予測できずに、準備していなかった。
    その点海外のテレビは、CNNを筆頭とする24時間ケーブルテレビが80年代に現れたとき地上波のテレビはスタンスを変えたので、最近のストリーミング配信の影響はありません。
    一方、最近の日本はテレビ離れが加速して、視聴率を世帯から個人に変えるなどしてあたふた。
    大変、困っているんです。どうしていいかわからない。

    じゃあどうすればいいかというと、やはりコンテンツにつきます。
    いまだってネタ番組、音楽、スポーツ、面白い番組ならば必ず見ますよね。
    テレビ離れにはいろんな理由がありますが、シンプルに考えると視聴者の欲求に応えられていないということ。
    番組作りが方向性を失っていると感じることがたくさんありますし、これまでテレビを支えてきたチャレンジスピリットや探究心が減ってきているんじゃないかなと思います。
    長年テレビがメディアの王様だとあぐらをかいていたから、結局そのつけが回ってきている。
    僕は日本のテレビが大好きだから、先々がちょっと心配なんですよ。

    ――ここを変えたらいいと思うことはありますか。
    まずキャスティングですね。
    芸能事務所の意向を優先して選ぶのではなく、その人が面白いか面白くないかだけで使うべき。
    海外ではエージェント(芸能事務所)の力よりも個人の力が重視される。
    日本は特殊ですね。

    次はバーターの問題。
    「AさんとBさんを抱き合せ(セット)で売り出す」というように番組の中に同じ事務所のタレントがたくさんいる。
    あるいは主役やMCの好みを受けて使うとか、それ以外にも“天の声”といわれる行政キャスティングが幅をきかせている。
    僕はずっとエンタメの仕事をしてきましたが、最近は特にその傾向が強いように感じます。
    だから視聴者から同じ出演者しか出ていないという不満がたくさん出ていますよね。

    そして3つ目はドラマが進化していない。
    まったくダメですね。
    さっき挙げたキャスティング理由から演技がまったくできないような人を、わかったうえで使っている。
    これは問題に決まっているじゃないですか。
    日本以外の国では、どんな大物俳優でもオーディションによってふるいにかけられる、その役が合っているかどうかを含めて。
    それを飛び越して、演技できない人を視聴者に押し付けるんですから、迷惑な話。
    ましてやNetflixなどのドラマの俳優たちがすごい演技をしているのに慣れていると、日本のドラマは残念に映ります。
    下駄を履かせてもらっている俳優は、視聴者からすると、「えこひいきで出演している」と透けて見えてしまうこともあるでしょうね。

    ――辛辣な意見ですね。
    僕、空気読まないから(笑)。
    で、日本はいきなり、何の経験もないのに、16、17歳ぐらいで女優ってつけるでしょ。
    誰が決めたの、女優だって。変だよね。
    けどね、アイドルはいいんですよ。下手だからかわいくて、面白い。
    それがだんだんうまくなって、そのうち結婚して子どもできてママドルになったり。
    それはそれで楽しい。
    でも演技は違う。
    演技できない人は俳優とか女優っていってはいけないし、使ってはいけない。

    日本は素人文化、アマチュアが好きなんですね。
    たとえば若い新卒のアナウンサーがいきなりすぐに番組に出てくるけど、アメリカではそれはありえない。
    キー局のアナウンサーはどこか格下のメディアで経験を積んできたベテランが起用されるのが常識で、キー局の番組はステップアップの頂点なんです。

    にほんブログ村 株ブログへ 【デーブスペクター「日本のテレビには問題が3つある、芸能事務所優先のキャスティング、バーター問題、全く進化してないドラマ」】の続きを読む

    このページのトップヘ