ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    6b837a1f-s

    出来る限り、天井で売り、底で買うことを目指しております!!

    気にしている指標は以下の通り。

    資金管理
    ・1ドル100円以上なら、円積立
    ・1ドル100円未満なら、ドル積立
    ・1ドル130円以上なら、ドルの円戻し(配当金のみ)

    買い条件
    ・騰落レシオ60%割れ
    ・株価指数が高値より20%オフ以上
    ・信用評価損益率−15%以上
    ・サーキットブレーカー発動
    ・○○年ぶり、××以来、歴史的な〜というネガティブなニュースキーワード

    売り条件
    ・騰落レシオ150%超え
    ・○○年ぶり、××以来、歴史的な〜というポジティブなニュースキーワード
    ・購入銘柄の価格が倍になったら半分売却(単独条件)

    個別銘柄の買い条件
    ・200日移動平均線超えの出来高増
    ・1株500円未満の低位株
    ・配当利回り3%以上

    局面ごとの注目セクター
    ・日経平均が200日線より下、かつ金利が利下げ傾向:通信株、ヘルスケア株、公共株、消費安定株
    ・日経平均が200日線より上、かつ金利が利下げ傾向:ハイテク株、金融株
    ・日経平均が200日線より上、かつ金利が利上げ傾向:機械株、素材株、消費循環株
    ・日経平均が200日線より下、かつ金利が利上げ傾向:エネルギー株

    ファンダメンタル
    ・株価は金利動向(7割)と企業業績(3割)で決まる
    ・目先の利益が大きいのか?将来の利益が大きいのか?冷静に考えよ!!(目先の利益に騙されるな!!)
    ・キホン、PER10倍未満。ただし、進捗率の良い場合は、PER15倍未満
    ・電気自動車関連、再生エネルギー関連、半導体関連など、テーマ性のある株
    ・これから5〜6年間、成長が見込める業界や銘柄
    ・配当利回り3%以上
    ・利下げがスタートしたら成長性重視、利上げがスタートしたら配当利回り重視
    ・利下げでも、小刻みな利下げは良いが、大幅な利下げは注意が必要
    ・決算チェックしていて良いと感じた企業
    ・オワコン産業の中の成長企業
    ・短信の中に、単月黒字などの文言が記載された復活の兆しが見える企業
    ・利上げ・インフレ・好景気・円安の場合:保険・銀行、外需関連、資源、農産物、不動産、バリュー株
    ・利下げ・デフレ・不景気・円高の場合:内需関連、グロース株
    ・必ずしも「不景気=弱気相場」になるとは限らない


    テクニカル
    ・騰落レシオ60%割れや150%超えというのは数年に1度しか起こらない
    ・サーキットブレーカー発動は数年に1度しか起こらない
    ・為替(円ドル)、金価格はリスク状況を表す
    ・原油価格は景気状況を表す
    ・騰落レシオ 買い 80%以下 売り 120%以上
    ・信用評価損益率 買い −15%〜−20% 売り −7%〜−5%
    ・景気線・業績線と呼ばれる200日線の上を推移する銘柄に注目
    ・MACD ゴールデンクロス 買い デッドクロス 売り
    ・注目出来高 25億株以上
    ・ボリンジャーバンド 買い −2σ以下 売り +2σ以上
    ・最高値・最安値・出来高増の半年後

    アノマリー
    ・株価の需給は人間の感情に左右される
    ・○○年ぶり、××年以来というキーワードは、天井あるいは底のシグナル
    ・不動産リートの暴落は、1年後に実際の不動産価格に反映
    ・長短金利差が逆転してから、1年〜3年後にリセッションが起きる可能性が高い
    ・大統領就任時と中間選挙時のマーケットのパフォーマンスは悪い
    ・大統領選時とその前年のマーケットのパフォーマンスは良い
    ・原油は冬の暖房需要、夏のドライブ需要
    ・金はインドの結婚シーズンによるジュエリー需要(9月)と、欧米でクリスマスに向けた宝飾品需要(11月)
    ・節分天井、彼岸底など、月毎のアノマリーを参考にする
    ・2月、8月は米国債利払いによる円高
    ・3月、9月は決算期でのリパトリによる円高
    ・5月、11月は外資系ヘッジファンドの決算月
    ・6月、12月は欧州系ファンドの決算月
    ・3月、9月は国内の機関投資家の決算月

    以上。

    新版 ちゃんと儲けたい人のための株価チャート分析大全 [単行本]

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    People in the Middle East love coffee and drinking coffee is one of their most typical cultural values.
    In order to retain the drink with the best taste at the best temperature all day long, in addition to using a dallah, many also use Arabian vacuum flasks.
    Taking the best features of the device, the Vietnamese manufacturer has designed and launched model RD 1040 N2.E of Arabian vacuum flasks to widen customers' options.
    Let's take a look at this new product.





    ティッカーシンボル 社名 業種 関連銘柄 トピックス PER 配当利回り ROE PSR
    RAL Rangdong Light Source And Vacuum Flask JSC 照明器具メーカー 家電関連 コーヒー愛好家のために「アラビアン魔法瓶」2024/03/16発売(4Q) 5.21倍 3.67% 8.06% 0.39倍
    VIC Vingroup Joint Stock Company 不動産を中心とした複合企業 電気自動車関連 子会社ビンファストが米国で電動自転車を発売(4Q) 54.3倍 0.00% 0.33% 1.06倍


    *直近の決算が売上10%以上成長の企業を掲載

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    “Cac điều kiện nay cho thấy sự tồn tại của yếu tố khong chắc chắn trọng yếu co thể dẫn đến nghi ngờ đang kể về khả năng hoạt động lien tục của Hoang Anh Gia Lai”, Cong ty TNHH Ernst & Young Việt Nam nhấn mạnh trong Bao cao kiểm toan năm 2023 của Hoang Anh Gia Lai.

    Phản hồi về nghi ngờ của kiểm toan, Hoang Anh Gia Lai cho biết tại ngay lập bao cao tai chinh hợp nhất năm 2023 đa được kiểm toan, Cong ty đa lập kế hoạch cho 12 thang tiếp theo bao gồm dong tiền dự kiến được tạo ra từ việc thanh ly một phần cac khoản đầu tư tai chinh, thu hồi nợ từ cac đối tac, phat hanh cổ phiếu rieng lẻ cho cổ đong, tiền đi vay cac ngan hang thương mại va dong tiền tạo ra từ cac dự an đang triển khai.



    ティッカーシンボル 社名 業種 関連銘柄 トピックス PER 配当利回り ROE PSR
    HAG Hoang Anh Gia Lai Joint Stock Company 農業を中心とした複合企業 農業関連 監査人が事業継続能力に疑問符(4Q) 6.32倍 0.00% 8.75% 1.71倍


    *直近の決算が売上10%以上成長の企業を掲載

    ベトナム成長企業60社 2018年版
    ブレインワークス
    カナリアコミュニケーションズ
    2018-02-28


    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    アジアの隠れたビール消費大国であるベトナム。
    キリンホールディングスの調査によると、2022年のベトナムのビール消費量は528万キロリットルで世界7位だった。
    10位の日本よりも多い。

    そのベトナムのビールメーカーの23年業績はほとんどが減収減益だった。
    景気減速による外食離れと飲酒運転の取り締まり強化が影響したとされるが、実感としては後者の方が大きいと思う。
    現地の社員に飲酒運転の取り締まり強化はいつごろからかと聞くと、「頻度は以前と変わらないが、最近は『袖の下』が効かないらしい」との話。
    汚職撲滅キャンペーンのあおりだろう。



    ティッカーシンボル 社名 業種 関連銘柄 トピックス PER 配当利回り ROE PSR
    HAT Ha Noi Beer Trading Joint Stock Company ビール製造 嗜好品関連 飲酒運転の取り締まり強化でベトナムのビール消費量減(4Q) 6.78倍 7.69% 13.3% 0.13倍


    *直近の決算が売上10%以上成長の企業を掲載



    にほんブログ村 株ブログへ

    このページのトップヘ