ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    6b837a1f-s

    出来る限り、天井で売り、底で買うことを目指しております!!

    気にしている指標は以下の通り。

    資金管理
    ・1ドル100円以上なら、円積立
    ・1ドル100円未満なら、ドル積立
    ・1ドル130円以上なら、ドルの円戻し(配当金のみ)

    買い条件
    ・騰落レシオ60%割れ
    ・株価指数が高値より20%オフ以上
    ・信用評価損益率−15%以上
    ・サーキットブレーカー発動
    ・○○年ぶり、××以来、歴史的な〜というネガティブなニュースキーワード

    売り条件
    ・騰落レシオ150%超え
    ・○○年ぶり、××以来、歴史的な〜というポジティブなニュースキーワード
    ・購入銘柄の価格が倍になったら半分売却(単独条件)

    個別銘柄の買い条件
    ・200日移動平均線超えの出来高増
    ・1株500円未満の低位株
    ・配当利回り3%以上

    局面ごとの注目セクター
    ・日経平均が200日線より下、かつ金利が利下げ傾向:通信株、ヘルスケア株、公共株、消費安定株
    ・日経平均が200日線より上、かつ金利が利下げ傾向:ハイテク株、金融株
    ・日経平均が200日線より上、かつ金利が利上げ傾向:機械株、素材株、消費循環株
    ・日経平均が200日線より下、かつ金利が利上げ傾向:エネルギー株

    ファンダメンタル
    ・株価は金利動向(7割)と企業業績(3割)で決まる
    ・目先の利益が大きいのか?将来の利益が大きいのか?冷静に考えよ!!(目先の利益に騙されるな!!)
    ・キホン、PER10倍未満。ただし、進捗率の良い場合は、PER15倍未満
    ・電気自動車関連、再生エネルギー関連、半導体関連など、テーマ性のある株
    ・これから5〜6年間、成長が見込める業界や銘柄
    ・配当利回り3%以上
    ・利下げがスタートしたら成長性重視、利上げがスタートしたら配当利回り重視
    ・利下げでも、小刻みな利下げは良いが、大幅な利下げは注意が必要
    ・決算チェックしていて良いと感じた企業
    ・オワコン産業の中の成長企業
    ・短信の中に、単月黒字などの文言が記載された復活の兆しが見える企業
    ・利上げ・インフレ・好景気・円安の場合:保険・銀行、外需関連、資源、農産物、不動産、バリュー株
    ・利下げ・デフレ・不景気・円高の場合:内需関連、グロース株
    ・必ずしも「不景気=弱気相場」になるとは限らない


    テクニカル
    ・騰落レシオ60%割れや150%超えというのは数年に1度しか起こらない
    ・サーキットブレーカー発動は数年に1度しか起こらない
    ・為替(円ドル)、金価格はリスク状況を表す
    ・原油価格は景気状況を表す
    ・騰落レシオ 買い 80%以下 売り 120%以上
    ・信用評価損益率 買い −15%〜−20% 売り −7%〜−5%
    ・景気線・業績線と呼ばれる200日線の上を推移する銘柄に注目
    ・MACD ゴールデンクロス 買い デッドクロス 売り
    ・注目出来高 25億株以上
    ・ボリンジャーバンド 買い −2σ以下 売り +2σ以上
    ・最高値・最安値・出来高増の半年後

    アノマリー
    ・株価の需給は人間の感情に左右される
    ・○○年ぶり、××年以来というキーワードは、天井あるいは底のシグナル
    ・不動産リートの暴落は、1年後に実際の不動産価格に反映
    ・長短金利差が逆転してから、1年〜3年後にリセッションが起きる可能性が高い
    ・大統領就任時と中間選挙時のマーケットのパフォーマンスは悪い
    ・大統領選時とその前年のマーケットのパフォーマンスは良い
    ・原油は冬の暖房需要、夏のドライブ需要
    ・金はインドの結婚シーズンによるジュエリー需要(9月)と、欧米でクリスマスに向けた宝飾品需要(11月)
    ・節分天井、彼岸底など、月毎のアノマリーを参考にする
    ・2月、8月は米国債利払いによる円高
    ・3月、9月は決算期でのリパトリによる円高
    ・5月、11月は外資系ヘッジファンドの決算月
    ・6月、12月は欧州系ファンドの決算月
    ・3月、9月は国内の機関投資家の決算月

    以上。

    新版 ちゃんと儲けたい人のための株価チャート分析大全 [単行本]

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    今回は『フラガール』のネタバレ・感想になります。
    2006年の日本映画で、ジャンルはヒューマンドラマになります。
    エイベックス<9418>の株主優待を利用してdTV視聴。

    概要
    ・常磐ハワイアンセンターの誕生秘話
    ・シネカノン・ファンド
    ・炭鉱業から観光産業へ


    常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生秘話。
    常磐地域はかつて炭鉱が栄えた街でした。
    それがオワコン化し、観光産業へと転換しようと時代の物語でございます。

    この作品はシネカノン・ファンドの配給・制作映画です。
    このファンドは、2000年に上場したジャパン・デジタル・コンテンツ信託に管理・運用を委託しておりました。
    この会社は顧客の資産流用など経営体制に問題があり上場廃止。
    それが波及し、このファンドも民事再生法適用。
    この上場企業を通して知った作品になります。
    かれこれ16年が経過しての視聴でございます。

    炭鉱業から観光産業へと時代の変換期。
    危険と隣り合わせの炭鉱業と、フラガールに代表される華やかさのコントラストが絶妙な作品。
    観光産業へと転換成功していなかったら、夕張みたいになっていたのかね?

    フラガール
    岸部一徳
    2020-11-18


    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    まずは、信用評価損益率&日経平均PBR。

    △10.16%(基準日01/27)
    日経平均PBR1.14倍(基準日02/03)


    次に、騰落レシオ(25日)と出来高(東証1部)。

    ・01/30 騰落レシオ(東プライム) 128.95% 騰落レシオ(東グロース) 106.20% 出来高 11.30億株
    ・01/31 騰落レシオ(東プライム) 125.61% 騰落レシオ(東グロース) 106.15% 出来高 12.05億株
    ・02/01 騰落レシオ(東プライム) 127.66% 騰落レシオ(東グロース) 114.15% 出来高 11.09億株
    ・02/02 騰落レシオ(東プライム) 121.45% 騰落レシオ(東グロース) 118.54% 出来高 11.96億株
    ・02/03 騰落レシオ(東プライム) 114.17% 騰落レシオ(東グロース) 112.56% 出来高 13.96億株


    次に、経済設定条件。

    ・日経平均:27,509円
    ・200日移動平均:27,226円
    ・金融引締傾向
    ・狙いセクター:機械株、素材株、消費循環株


    最後に、外資系動向(株式週間売買状況)。

    01月27日 3,038億円 買い越し

    買い越し基調。
    米国株高が追い風で、日経平均は1カ月半ぶり高値。
    強いのは、バイオ関連、Eコマース関連、少子化対策関連、アパレル関連、就活関連。
    弱いのは、M&A関連。



    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    https://www.youtube.com/watch?v=JMn_NiLoSH0





    証券コード 企業名 下落要因
    3664 モブキャストホールディングス スマホゲーム「炎炎ノ消防隊 炎舞ノ章」配信開始で出尽くし感
    6080 M&Aキャピタルパートナーズ 1Q進捗率3.7%
    2127 日本M&Aセンターホールディングス 3Q進捗率61.4%
    3319 ゴルフダイジェスト・オンライン 下方修正
    1820 西松建設 下方修正
    3246 コーセーアールイー 配当権利落ち(配当利回り5.00%)
    1552 国際のETF VIX短期先物指数 金融引締不安が和らぎダウ堅調
    1685 WisdomTree エネルギー上場投信 原油下落、米原油在庫の大幅増加
    6262 ペガサスミシン製造 かぶせ線(売りシグナル)
    8256 プロルート丸光 下方修正


    にほんブログ村 株ブログへ

    このページのトップヘ