ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

    カテゴリ: 競馬関連

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    今回は吉沢譲治の「競馬の血統学〈PART2〉母のちから」を紹介。

    中身は牝馬に焦点を当てて、競馬血統を丁寧に解説。

    ・牝馬に焦点
    ・ファミリーナンバー
    ・コンピューターの発達


    牝馬にフォーカスして競馬血統を解説。
    ファミリーナンバー、出産した年齢、生産牧場環境、母系に入って力を発揮する種牡馬など、様々な観点から牝系を検証しております。

    特に気になったのはファミリーナンバーです。
    基礎牝馬に番号を付けてサラブレッドを分類する方法のひとつ。
    1号族〜5号族は三大クラシック優勝馬が多く。
    優秀な種牡馬を出すのは3号族、8号号族、11号族、12号族、14号族と言われる。
    その後、遺伝学が発達し、このシステムは廃れていった模様。



    牡馬は、種付けの多い種牡馬では年100頭を超すため傾向がつかみやすい。
    それに対して、牝馬は出産頭数が多くて7〜8頭程度で傾向が分かりにくい。
    だが「覚えておきたい世界の牝系100」とか、牝馬にスポットを当てた書物が増えている。
    それはコンピューターの発達により血統管理しやすくなったのが大きいです。

    競馬の血統学〈PART2〉母のちから
    吉沢 譲治
    日本放送出版協会
    2003-03T


    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    今回は吉沢譲治の「新版 競馬の血統学 サラブレッドの進化と限界」の紹介。

    中身は競馬血統の流れを、セントサイモンなど8頭の歴史的名馬でひもとき解説。

    概要
    ・牡馬にフォーカス
    ・近親配合の歴史だが活性化に雑種血統が必要
    ・サンデーサイレンス系もノーザンテースト系と同じ道をたどる?


    競馬血統の中でも牡馬に焦点を当てた本。

    競馬血統は近親配合の歴史でした。
    かと言って近親配合し過ぎるのはNG。
    そうすると受胎率が悪くなるなどの弊害が発生していまう。
    なので活性化するためには雑種血統が必要になってくる。



    ノーザンテースト系の血統が寡占化されて消滅したのは記憶に新しい。
    サンデーサイレンス系の血統も寡占化され同じ道をたどるのでしょうか?
    それとも獣医学の進歩がそれを阻止するのやろか?



    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/11/18(水) 15:00:47.24 ID:fhTPeTHZ0
    平成28年3月に(株)KTレーシングの商号で法人設立し、元代表が所有する競走馬の保有・管理を行っていた。
    平成28年8月に行われたセレクトセールでは、2日間で総額7億円以上にのぼる競走馬8頭を落札。
    馬名に「ルーレットクイーン」や「フォーカード」といったカジノ用語を取り入れ、周囲の耳目を集めていた。
    また、今年1月開催の中山金杯(GIII)で勝利し重賞3勝目を挙げたトリオンフは、もともとは同社の所有馬だった。

    その一方で、平成31年に入ると元代表が代表を兼任する保険コンサルタント業者(株)AIコーポレーション(令和元年12月5日付本情報号外で既報、旧商号・(株)T.F.K、法人番号:1010401064212、東京都港区、江川 剛代表)が、5億円の追徴課税をきっかけに巨額粉飾事件が発覚。
    その影響が波及し、同社の所有馬は他のオーナーの手に引き継がれ、令和元年6月には事業を停止していた。
    その後、同社は令和元年12月5日に東京地裁へ民事再生手続開始を申し立て(負債総額196億円内外)、再生手続きが進められる中、今年2月5日に現商号に変更。
    10月7日付で現代表が就任したが、今回の措置に至った。

    2: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/11/18(水) 15:01:10.41 ID:fhTPeTHZ0

    にほんブログ村 株ブログへ 【トリオンフ等の代表馬を保有していた「KTレーシング」が破産】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015年
    着順 馬名 性齢 母父
    1 ウィンクス 牝4 Street Cry(マキャベリアン系) Al Akbar(プリンスキロ系)
    2 クライテリオン 牡5 Sebring(サザンヘイロー系) Bite the Bullet(ボールドルーラー系)
    3 ハイランドリール 牡3 Galileo(ガリレオ系) デインヒル(デインヒル系)


    2016年
    着順 馬名 性齢 母父
    1 ウィンクス 牝5 Street Cry(マキャベリアン系) Al Akbar(プリンスキロ系)
    2 ハートネル セ5 Authorized(サドラーズウェルズ系) Anabaa(ダンチヒ系)
    3 ヤンキーローズ 牝3 All American(ロベルト系) ザール(ゴーンウェスト系)


    2017年
    着順 馬名 性齢 母父
    1 ウィンクス 牝6 Street Cry(マキャベリアン系) Al Akbar(プリンスキロ系)
    2 ヒュミドール セ5 Teofilo(ガリレオ系) Zabeel(サーゲイロード系)
    3 エレメント セ4 Exceed And Excel(デインヒル系) Galileo(ガリレオ系)


    2018年
    着順 馬名 性齢 母父
    1 ウィンクス 牝7 Street Cry(マキャベリアン系) Al Akbar(プリンスキロ系)
    2 ベンバトル 牡4 Dubawi(シーキングザゴールド系) Selkirk(シャーペンアップ系)
    3 ヒュミドール セ6 Teofilo(ガリレオ系) Zabeel(サーゲイロード系)


    2019年
    着順 馬名 性齢 母父
    1 リスグラシュー 牝5 ハーツクライ(サンデーサイレンス系) American Post(ネイティブダンサー系)
    2 カステルヴェッキオ 牡3 Dundeel(サドラーズウェルズ系) デヒア(デピュティミニスター系)
    3 テアカウシャーク セ5 Rip Van Winkle(ガリレオ系) チーフベアハート(ダンチヒ系)


    勝ち馬がわかる血統の教科書 [単行本]

    にほんブログ村 株ブログへ

    このページのトップヘ