ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

    カテゴリ:株の傾向と対策 > 月刊 アノマリー投資

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    9月は彼岸ドン底、絶好の仕込み場
    中間決算対策の売りなどの需給的に売りの優勢の時期にあります。
    そのためキホン注意が必要です。
    さらに、アメリカ同時多発テロ事件(2001/09/11)やリーマンブラザーズの破綻(2008/09/15)などネガティブな出来事が起きる時期でもあります。
    そんなことが起これば、売りが増幅され、パニック的な大暴落が起きます。

    今年は米国中間選挙イヤーでございます。
    米国中間選挙イヤーは政権与党に厳しい目が向けられます。
    そのせいで政権与党の議席を減らすパターンが多いです。
    このことが影響して選挙前に不透明感が漂います。
    それが株価のかく乱要因と言われております。

    さらに9月はFRBの大幅利上げが控えております。
    なので厳しいと考えます。



    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    お盆の閑散相場
    アッー♂夏休み!!

    市場関係者が夏休み、お盆休みをとる為、市場は閑散になります。
    そのため8月は閑散相場と言われます。

    休み前で市場関係による手じまい売りが発生しやすいです。
    さらに8月には決算の現実が尽き付けられます。
    それにより厳しい相場月となります。

    株価は堅調に推移しております。
    なので決算が良くても売られる可能性は高いです。

    アノマリー投資
    パンローリング株式会社
    2013-03-08


    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    7月は夏枯れ
    7月・8月はメインプレイヤーの機関投資家が夏休みシーズンに突入。
    そのため出来高、売買高ともに減少します。
    そういう意味で「夏枯れ」なのでしょう。

    7月は機関投資家がいないです。
    なので個人投資家中心のマーケットが形成されます。
    そのため短期の値幅取りの売買が主体となります。
    また新興市場がメインに動きにもなります。

    日本では米国の中間選挙にあたる参院選が7月に実施されます。
    どの党も選挙に勝つために様々な施策を出してきます。
    そのため7月のマーケットは比較的に堅調な推移をすると考えます。

    あと、どの国も大幅利上げで、やれ景気後退、やれスタフグレーションと、足元の株価にブレーキがかかっております。
    色々な懸念で株価が軟調なのは健全でございます。
    現在、実施されている大幅利上げにマーケットが慣れてきて、しれっと株価が上昇し始める。
    そっちの方が危険だと思います。

    日本株市場―相場を動かす情報とは何か
    内藤 三千郎
    きんざい
    2018-05-31


    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    6月は梅雨調整
    6月は雨が多く、天気がパッとしない。
    そんな天気が人間の体に影響し、トレードする気分を失くしてしまう。
    これが梅雨調整の所以なのでしょうか。

    だが意外なことに上昇する確率が高い。
    これは5月はファンドの投げ売りや決算の現実に対する失望売りが多い。
    6月はそれによる反動の上昇でございます。
    しかも、会社四季報の発売や、総会シーズンなどで、騰がるネタもあります。
    さらに為替は過剰な円安が収まりつつあるのもグーです。

    会社四季報 2022年3集夏号
    東洋経済新報社
    2022-06-17


    にほんブログ村 株ブログへ

    このページのトップヘ