ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

    カテゴリ:株の傾向と対策 > 月刊 アノマリー投資

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2月は節分天井
    今年への期待や決算期待で1月まで買われおりました。
    それが決算シーズンの2月が到来し、現実を知って売られる。
    また納税資金捻出のための換金売りも、この時期にスタートする。
    さらに2月は円高になりやすい季節でもあり、リスクオフモードになりやすい。

    それに対して、2月の唯一の買い材料である春節後のチャイナマネーがございます。
    中国経済は回復基調で、これにチョイ期待ですかね。
    あとは決算で大幅利上げの影響がどれほど出ているか次第でしょうか?

    アノマリー投資
    パンローリング株式会社
    2013-03-08


    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1月は新春株高
    1月は新春株高です。
    ジャニュアリー・エフェクト、1月効果とも言われる。

    新年度相場入りによる資金流入、今年への期待などで騰がる可能性が高いです。
    だが、それは1月の前半戦までの話。
    中旬以降、決算発表とFRBの金利動向次第で様相は変わってきます。

    あと、突発的な出来事が多い。
    中国の武漢閉鎖から始まる新型コロナ感染拡大が記憶に新しい。
    日本の場合だと、ライブドアショックや阪神大震災などがこの時期に起こりました。

    昨年と違って利上げペースが鈍化する可能性が高いです。
    そのため通常モードに戻りますから決算次第で動くと思います。



    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    12月は餅つき相場
    税金対策による換金売りがあります。
    それに対して年末商戦や新年相場への期待買いがあります。
    売り買いの戦いが繰り広げられる季節でございます。
    その様子が餅をつく杵のような上下運動の激しい様に例えられます。
    そこから12月は餅つき相場と呼ばれます。

    不景気=弱気相場とは限らないです。
    今まで大幅利上げで株価を抑え込まれた感があります。
    その鬱憤がどこかで爆発しそうな気はします。

    株は1年に2回だけ売買する人がいちばん儲かる [Kindle版]

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    株は11月に買って、5月に売れ
    11月は決算発表が集中する時期です。
    そのため業績の良し悪しで、売られたり買われたりします。

    そして、11月はファンドの決算月でもあります。
    解約する人向けに、資金をある程度確保しなければならない。
    なので、市場で売却しなくてはならず、この現象が11月の中旬まで続きます。
    それが相場の重しとなります。

    その売却が一巡すると、需給が軽くなります。
    そうなると、クリスマス商戦への期待とか、来年への思惑で、買われ始めます。

    大幅利上げはあと2回で打ち止め。
    来年からは過度な金利政策を実施しない通常モードに戻ります。
    そのため大幅利上げで過剰に抑え込まれた株価も通常運転になると考えます。
    しかも米国中間選挙の年は、底になる確率が高いです。

    ニューズウィーク日本版 12/21号 特集;やばいバイデン[雑誌]
    ニューズウィーク日本版編集部
    株式会社CCCメディアハウス
    2021-12-14


    にほんブログ村 株ブログへ

    このページのトップヘ