ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

    タグ:アノマリー投資

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    9月は彼岸ドン底、絶好の仕込み場
    中間決算対策の売りなどの需給的に売りの優勢の時期にあります。
    そのためキホン注意が必要です。
    さらに、アメリカ同時多発テロ事件(2001/09/11)やリーマンブラザーズの破綻(2008/09/15)などネガティブな出来事が起きる時期でもあります。
    そんなことが起これば、売りが増幅され、パニック的な大暴落が起きます。

    大統領選の翌年はパフォーマンスが悪いと言われております。
    だが、ここまで堅調な相場が続いております。
    やはり、金融緩和の継続が効いているのかしら?



    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    お盆の閑散相場
    アッー♂夏休み!!

    市場関係者が夏休み、お盆休みをとる為、市場は閑散になります。
    そのため8月は閑散相場と言われます。

    休み前で市場関係による手じまい売りが発生しやすいです。
    さらに8月には決算の現実が尽き付けられます。
    それにより厳しい相場月となります。

    あと共産党の締め付けにより中国市場がキナ臭くなっている。
    なので何が起きてもおかしくないです。



    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    7月は夏枯れ
    7月・8月はメインプレイヤーの機関投資家が夏休みシーズンに突入。
    そのため出来高、売買高ともに減少します。
    そういう意味で「夏枯れ」なのでしょう。

    7月は機関投資家がいないので個人投資家中心のマーケットが形成されます。
    そのため短期の値幅取りの売買が主体となります。
    また新興市場がメインに動きにもなります。

    今年は10月に解散総選挙が行われると言われております。
    その前哨戦と言われる7月に都知事選が行われます。
    なので今年のマーケットはあまり崩れないような気がします。
    たとえ市場が崩れたとしても、選挙に勝ちたいために、色々と施策を打ってくると考えます。
    むしろ、そこが買い場になると思われます。

    妙に円安傾向なのは選挙期待の表れなのでしょう。



    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    6月は梅雨調整
    6月は雨が多く、天気がパッとしない。
    そんな天気が人間の体に影響し、トレードする気分を失くしてしまう。
    これが梅雨調整の所以なのでしょうか。

    だが意外なことに上昇する確率が高い。
    これは5月はファンドの投げ売りや決算の現実に対する失望売りが多い。
    それによる反動の上昇になります。
    しかも、会社四季報の発売や、総会シーズンなどで、騰がるネタもあります。
    さらに為替が円安傾向になりつつあるのもグーです。

    会社四季報 2021年3集夏号

    にほんブログ村 株ブログへ

    このページのトップヘ