ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

    タグ:イベント投資

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    まずは、昨年6月のおさらい。

    ・コロナショックで下げた反動で上昇し始めた時期
    ・コロナ禍でコロナ対策関連、ホームセンター、Eラーニング関連などが強かった。
    ・一方、フィットネス関連、レジャー関連、居酒屋チェーンなどが弱かった


    昨年はコロナの動向で株価が右往左往しました。
    しかも、コロナショックの下落が終わり、反転し始めた時期。

    今年は、飲食、レジャー等、コロナで打撃を受けた業種のターンになるでしょう。
    ここに来て飲食の月次が回復し、倒産の可能性が薄らいだと思われます。
    まあ、第3次緊急事態宣言には注意が必要ですけどね。


    ・沖縄市コザにある「沖縄アリーナ」がオープニングイベント開催
    ・中国でFIFAクラブワールドカップ2021開催予定


    6月も開催予定のイベントが中止になったり、延期になったりしております。
    ワクチンの進捗具合、多くて10%弱。
    東京オリンピック開催まで間に合うのか?

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    まずは、昨年5月のおさらい。

    ・決算シーズンは業績次第で株価に明暗
    ・コロナの進退具体で買われる銘柄と売られる銘柄がコロコロ変化


    決算とコロナ次第は今年も変わりませんかね?

    次に、今年5月のイベント。


    ・コミックマーケット99(C99)が開催予定
    ・関西ワールドマスターズゲームズ開催予定


    どちらも延期になりました。
    さらにワクチンはまだまだ行き渡らず。
    それでも東京オリンピックは開催されるのかしら?

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    まずは、昨年4月のおさらい。

    ・5月の決算シーズンに向けて期待買いが入る
    ・昨年の4月にコロナショックは底入れ


    今期はコロナショックの反動増で業績が良い会社が増えるでしょう。
    そのため4月は期待買いが入ってもおかしくないです。

    昨年の4月にコロナショックは底入れをしました。
    昨年はこの時期の立ち回りの如何でパフォーマンスが変わりました。
    私は高配当株を買いました。
    そのためパフォーマンスはあまり良くありませんでしたw
    グロース株や景気敏感株を買えば良かったと後悔しております。

    次に、今年4月のイベント。


    ・世界気候サミット
    ・70歳までの定年引上げ
    ・ドバイでの万国博覧会中止


    70歳までの定年引上げ。
    70歳まで働くとかワロエナイ(´・ω・`)

    世界気候サミット開催されます。
    引き続きクリーンエネルギー関連は注目です。

    ドバイでの万国博覧会中止。
    ほんまに東京オリンピックは開催するのやろか?

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    まずは、昨年3月のおさらい。

    コロナショックでリート関連や半導体関連が大暴落
    コロナショックで、食品スーパー、ドラッグストア等の巣ごもり消費関連やコロナ対策関連が強かった


    リート関連の暴落は不動産価格の下落を示していた。
    だがリモートワークが増え、戸建住宅ニーズが高まる。
    不動産価格は予想ほど暴落せず。

    半導体関連は製造業の中で最も自動化が進んでいる分野。
    さらに5G需要が加わる。
    暴落したものの見直し買いがされる。

    次に、今年3月のイベント。


    ・NTT DoCoMoの新料金プラン「ahamoプラン」提供開始予定
    ・えちごトキめき鉄道、日本海ひすいライン糸魚川駅と梶屋敷駅間に「押上新駅」が開業予定


    ドコモの「ahamoプラン」を筆頭に、ケータイ新料金プラン続発。
    菅ケータイ号令で割を食ったのは、楽天<4755>だったかなとw

    にほんブログ村 株ブログへ

    このページのトップヘ