ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

    タグ:グリー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/10/31(土) 11:17:46.01 ID:ubLsUf2p0HLWN
    HINATAは、『大相撲カード決戦』のサービスを2020年12月25日14時をもって終了することを発表した。

    本作は、日本相撲協会公認の初のソーシャルゲーム。2012年12月にフィーチャーフォン版「GREE」でサービスを開始し、その後スマートフォン版のサービスも開始しており、サービス開始から約8年でのサービス終了となる。

    c公益財団法人日本相撲協会 /cGREE, Inc.

    https://i2.gamebiz.jp/images/original/263136685f97a0314caff0020.jpg
    263136685f97a0314caff0020

    https://i.imgur.com/DbNtBzh.jpg
    DbNtBzh

    https://image.gamer.ne.jp/news/2013/20130111/0007b094c496fb1aba28475ba99e2efdde21/o/1.jpg 1

    2: 風吹けば名無し 2020/10/31(土) 11:18:06.37 ID:ubLsUf2p0HLWN

    にほんブログ村 株ブログへ 【GREEソシャゲ「大相撲カード決戦」は惜しまれつつ2020/12/25でサービス終了】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_20180929_013155

    まずはお土産コーナー。お土産は、パンの缶詰と、アンケート調査に答えた際に頂いたメモ帳でした。

    皆さん、ゲーム事業については周知のことと思います。そのため、ここでは広告・メディア事業と、エンタメ事業のバーチャルYouTuberにフォーカスして書いてまいります。

    最初はバーチャルYouTuber。

    IMG_20180922_111355

    IMG_20180922_111359

    バーチャルYouTuberはVRヘッドセットなどで動かしている。だから、VR事業の延長線上にあるんですよね。

    最初はバーチャルYouTuberなんて、本業とまったく関係ないじゃんと思っていた。色々と調べていくうちに、繋がっていることが判明しました。

    次に、広告・メディア事業。

    勉強不足もあり、「グリー」が広告・メディア事業をしていることすら知りませんでした。

    ・住まい・暮らしの情報メディア『LIMIA』
    ・ファッション動画マガジン『MINE』
    ・おでかけメディア『aumo』
    ・美容メディア『ARINE』


    全然知らないよ┐(´-`)┌

    『MINE』以外はアプリの展開もしている。切り口がありきたりで大丈夫なの?という感じはある。それに、アプリの無料ダウンロードやセルランを総合でチェックしているけど、見かけたことがないです。

    なんか、展開のしかたが「エイチーム」っぽくなってきたよねw ただし、エンタメ事業のバーチャルYouTuberは除くですけど。

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_20180926_112108

    2018/09/26に、セルリアンタワー東急ホテル(東京・渋谷区桜丘町)で開催された「グリー」の株主総会に行ってまいりました。本日はこれについてのご報告。

    定刻10時に株主総会がスタート。監査法人の監査報告が行われた後、業績などの報告事項は映像とナレーションで、余剰金処分の件などの決議事項は議長の会長が口頭で説明。

    バーチャルYouTuberによる説明は一切なく、真面目な雰囲気で行われましたw

    今後の展開として、

    ・ゲーム事業、広告・メディア事業、ライブエンターテインメント事業の三本柱で成長を目指していくとの事

    そして質疑応答へ。

    Q:『アナザーエデン』の不正ガチャの件
    A:誠に申し訳ない。

    アクセスに負荷がかかった時に、13分間おきた。過去(他の作品も含む)にさかのぼって、問題がなかったかどうか調査したが問題はなかった。

    現在は、問題のあった箇所のプログラムを取り除き再スタートしている。

    Q:バーチャルYouTuberの件
    A:50名体制で動いている。ストーリーに携わっているのは10名ほど。

    音楽系なら、音楽に精通している人。アニメ系なら、そのアニメ作品に対して造詣に深い人を採用している。

    Q:株価対策
    A:株価は我々がコントロールできる代物ではない。

    我々は事業を伸ばしていき、それをIRなどを通して市場に正確に伝えることだと思っている。

    Q:配当金の件
    A:合計14円。通常配当が4円、10周年記念配当が10円。

    Q:召集通知の別紙に『消滅都市』を選んだ理由
    A:「グリー」のモノづくりに対する考え方の象徴として掲載。

    Q:『NEWSに恋して』の件
    A:ジャニーズ事務所と共有しながら制作した作品。当社、事務所、お客様の状況を考えながら、できるだけ長い期間提供できるようにしたい(推測だが、事務所側の都合で、期間が決められているっぽい)。

    Q:『NEWSに恋して』で、バグ対応や質問に答えが返ってこない件
    A:本当に申し訳ない。

    キホン一通、一通に対応している。アクセスが一時的に増えた場合、遅延は起きるが対応はしている。

    Q:広告・メディア事業について
    A:一時はテレビCMは行っていた。だが、ウェブ広告のほうが効率的なことが分かり、ネット上のマーケティングに力を入れている。

    Q:ライブエンターテインメント事業について
    A:バーチャルYouTuberを中心とした展開を考えている。これはCGで作られたキャラクターで、タレントさんと同じようにファンとの交流が可能。

    ゲーム事業で培った3D技術や、版元との関係をフルに活用していく。

    Q:海外展開のスケジュール
    A:詳細なことは言えないが、複数タイトルが動いている。

    Q:セグメントごとの発表について
    A:分かりやすい開示に努めていきたい。ゲーム事業がほぼ占めており単一セグメント。

    Q:不正ガチャの再発防止策
    A:別部門を作り、品質チェックを行い、再発防止に努める。もし、再度起きたとしても、早急に対応する所存。

    Q:ゲーム事業、広告・メディア事業、ライブエンターテインメント事業の三本柱をどんな比率に持っていくのか?
    A:どの程度の比率にもっていくという考えはナンセンス。事業ごとの成長に合わせて、人員を投入していく。

    Q:IR方針
    A:現時点ではIRは行っていない。機関投資家、個人投資家をステークスホルダーと考え、様々な手段を使って対応していきたい。

    Q:海外展開の順番がなぜ、欧米→東アジア→中国なのか?
    A:英語圏の北米が最初、次に欧州で多言語化。

    中国のゲーム事業は中国資本のみ。しかも、政府の許認可制になっている。そのため、香港や台湾が先のリリースになる。

    Q:秋山仁氏が再任されない件
    A:本人の意向や組織の意向を総合して考えている。

    Q:社外の夏野剛氏の件
    A:社外として、的確なアドバイスを頂いている。ゲームはロングレンジで作っていく時代で、在任期間の長さは問題ない(田中良和氏)。

    働き方改革の流れで兼任数がクローズアップされている。だが実は、出席率のほうが重要。取締役会は12回のうち11回に出席しており問題ない(夏野剛氏)。


    質疑応答が終わり、決議事項の採決が行なわれ、株主総会が終了。

    まあ、可もなく不可もなくで、個人的にあまり印象は残りませんでした。

    消滅都市2 [アプリ]

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    昨日、売買の動きが出たのでメモ。今回は売却のみ。

    ・グリー(3632) スマホゲーム PSR1.76倍 予想PER0.00倍 配当利回り0.00% 達成率-%(4Q実績・四半期ごと開示)

    来期の業績予想が案外だったので売却。もうちょっと成長が続くと思っておりましたが早くも失速。売却した資金は、調整モードの時に使うものとして温存しておく。

    まあ、バーチャルYouTuberへの出資など、将来への投資をしていましたから、これが来期の成長が怪しいことへのフラグだったのでしょう。

    “Vチューバー関連銘柄”最前線、新市場から大化け株は生まれるか <株探トップ特集>
    https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180802-00000260-stkms-stocks


    そのユーチューバーで起こっている新たな“波”が、人の動きをコンピューターグラフィックス(CG)に変換した「バーチャルユーチューバー」だ。日経MJが6月に発表した「日経MJ 2018年上期ヒット商品番付」にも選ばれるなど、急速に認知度が高まっており、これをビジネスに生かそうという動きも徐々に広がっている。今後、株式市場でも本家である「ユーチューバー」以上の注目テーマとなる可能性...

    この記事で本命の「gumi」がガン無視されているw

    知らないでスルーしているのか?知っていてスルーしているのか?どっちなんでしょうか。

    「グリー」もそうだが、ここに載っている銘柄なんて、後だしジャンケンもいいところ。数年前から目を付けていて、出資していた「gumi」に失礼です。

    「グリー」の場合、投資案件(ラブホテルのアプリとかw)でうまく行ったものがないので、おそらく失敗すると思います。

    今月の8月で、あの暴落があった2月から半年経過しました。高値期日の半年後ですから、そろそろ動き出しそうですよね。

    エンジョイ・マーケット

    バーチャルYouTuber名鑑2018 (三才ムック) [ムック]

    にほんブログ村 株ブログへ

    このページのトップヘ