ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

    タグ:コロナ倒産

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: それでも動く名無し 2022/11/23(水) 20:15:57.47 ID:RjTWW+p/M
    https://i.imgur.com/f4DpppD.png
    f4DpppD
    https://i.imgur.com/8a8IeIq.png
    8a8IeIq

    https://i.imgur.com/EG7FxbD.png
    EG7FxbD

    https://twitter.com/web_giga/status/1594994102277480448?t=noszd1-gmyeMd_D1Ng8KOQ&s=19

    にほんブログ村 株ブログへ 【『ヴァリアブルジオ』等で知られる美少女ゲーム会社「戯画」が2023/03/31で開発・販売終了】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アデホビル(SB-Android) [US] 2022/09/18(日) 16:51:13.36 ID:dbPY8EqU0● BE:971283288-PLT(14001)
    今年8月までのパチンコホールの倒産が20件に達し、昨年1年間の倒産を超えた。
    コロナ禍から回復基調にあった来店客数も、2022年1月末の5号機完全撤去以降はパチスロの売上が急激に減少し、6号機(射幸性の低い遊技機)への入替えも負担になっている。 

    11月に登場するスマートパチスロは業界が大きな期待を寄せるが、システム変更を伴う新規則遊技機の交換が必要で体力の落ちたパチンコホールの導入は難しい。
    体力格差が倒産に直結する事態も現実味を帯びている。

    2022年1-8月のパチンコホールの倒産は20件で、2021年間の18件を上回った。
    9月も4件の破たんが判明し、2014年(32件)以来、8年ぶりに30件台に達する可能性が出てきた。  
    資金力のあるパチンコホールは、ドル箱を積まない計数機の導入やセルフ式景品カウンターなど、コスト削減を急いでいる。
    一方で、資金余裕の乏しいホールは効率化の遅れから人員削減も進まず、コスト増で経営が悪化する負のスパイラルに陥っている。

    コスト削減が利益回復の鍵に

    首都圏のあるパチンコホールの総務部長は、「コロナ禍で高齢者の来店数の回復が遅れ、パチンコ台の稼働に影響が出ている」と語る。
    ただ、同ホールは高い利益率を維持している。それは「利便性と効率性を高め、コロナ前よりコストを大幅に削減できたことが大きい」と分析する。
    苦戦するホールは、人件費や電気料金などのコストアップが利益に食い込み、合理化投資をできないことが特徴だ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b8afa0782217659d3df5392c1fc35e8bb6561b4

    にほんブログ村 株ブログへ 【パチンコホールの倒産が加速!!ゲーム2種類しか出来ないのは、もう時代に合ってないもんなぁ!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2022/04/14(木) 06:30:27.24 ID:CAP_USER



    にほんブログ村 株ブログへ 【うなぎ専門店「うな源」が破産 中国産ウナギを国産とし16万個偽装販売したのが発端】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 愛の戦士 ★ 2022/03/10(木) 21:06:13.90 ID:ukSxUwWh9
    帝国データバンク 3/10(木) 17:20

    (株)ベルベ(TDB企業コード:200516881、資本金1200万円、神奈川県大和市大和東3-13-3、代表杉本亮氏)は、3月8日に横浜地裁より破産手続き開始決定を受けた。

    破産管財人は若田順弁護士(横浜市港北区新横浜3-18-3、新横浜法律事務所、電話045-477-5821)。

    当社は、1973年(昭和48年)3月に前代表が個人創業、76年(昭和51年)4月に法人改組したパン・洋菓子の製造販売業者。
    「ベルベ」の名称で、路面店や商業施設、駅ビルなどに店舗を構え、神奈川県を中心に東京都、静岡県に計28店舗を展開していた。
    創業以来、「素材・品質・味わい」にこだわり、「手造り製法に妥協しない」をモットーに、近隣住民から高い評価を得ていた。
    近年は積極的な出店攻勢から、2020年6月期の年売上高は約25億6000万円(会社公表値)を計上するなど、県内トップクラスの売り上げだった。

    しかし新型コロナウイルス感染拡大により、主に商業施設や駅ビル内の店舗が休業、営業時間短縮を余儀なくされ、売り上げが減少していた。
    この間、資金繰りがタイトになり、近時の材料価格高騰も追い打ちとなるなか、過去の決算内容への疑義も浮上。
    創業者で前代表の失踪もあり、事業継続が困難な状況に陥り、2021年11月9日に事業を停止、2022年2月8日までに自己破産を申請していた。

    申請時の負債は債権者766名に対し約58億円。なお、ベーカリーチェーンの倒産としては過去最大となる。

    最終更新: 3/10(木) 17:20
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/28d0cf4e6216099bc2a30daeb45f091b5e2da2d9&preview=auto

    ベーカリーチェーンの「ベルべ」
    https://i.imgur.com/qVpsqvz.jpg

    にほんブログ村 株ブログへ 【神奈川県内トップクラスの人気ベーカリー「ベルべ」が破産 社長失踪で事業継続が困難に】の続きを読む

    このページのトップヘ