ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

    タグ:中長期投資

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    今回は「株はメンタルが9割 投資家脳に変わらなきゃ株は一生勝てない」の書籍紹介になります。

    ・中長期投資を推奨
    ・PERの見方
    ・中長期で知っておくべき情報満載


    兼業投資家に中長期投資を推奨している本。
    デイトレードなどの短期投資は相場に張り付く時間が長くなります。
    これはメンタルに与える影響が大きく、冷静でいられなくなります。
    そのため兼業投資家には不向き。
    だが中長期投資はレンジ相場を我慢して上昇するまで優良企業をホールド。
    ゆったりとした時間軸で取り組め、冷静に動くことが可能。
    なので兼業投資家に向いております

    書籍の中から抜粋になります。

    つまり、購入しようと考えている銘柄のPERの推移を調べて(※ネット証券のデータページなどを参照)、それが40倍〜80倍瓩膿箘椶靴討い襪箸靴疹豺隋80倍に接近するような局面では牾箙皚瓩犯獣任靴毒磴い鮃気┐襪海箸ミスを避けるコツと言えます。逆に40倍に近づいているならば牾箘足瓩犯獣任靴毒磴辰討澆討茲い任靴腓Α

    PERは通常、10倍未満が割安と言われています。
    だが、この本ではPER推移を見て割安と割高を判断している。
    これは面白い視点やなと。

    繰り返しになりますが、この本は中長期投資を推奨しております。
    そのため、上のような中長期で知っておくべき情報満載でございます。
    中長期投資に挑戦してみたい人向きの書籍になっております。



    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    決算がすべて終わり、気になる銘柄の入れ替え時期、こんな感じになりました。
    社名に加え、「業務内容」と「関連銘柄」を記載しております。

    証券コード 社名 業務内容 関連銘柄
    1382 ホーブ いちご 農業関連
    1758 太洋基礎工業 地盤改良工事 設備投資関連
    1807 佐藤渡辺 道路工事 設備投資関連
    1867 矢作建設工業 耐震工事 設備投資関連
    1850 南海辰村建設 南海電鉄系ゼネコン 設備投資関連
    3228 三栄建築設計 3階建てが定評な戸建て分譲 マイナス金利関連
    3280 エストラスト 山口・福岡マンション開発 マイナス金利関連
    3244 サムティ 投資家向け不動産販売 マイナス金利関連
    3482 ロードスターキャピタル オフィスビル投資 クラウドファンディング関連
    3546 アレンザホールディングス ホームセンター 巣ごもり消費関連
    3903 gumi スマホゲーム ゲーム関連
    6445 蛇の目ミシン工業 家庭用ミシン 巣ごもり消費関連
    8005 スクロール 生協向けカタログ通販 自動車関連
    8704 トレイダーズホールディングス FX 暗号通貨関連
    9835 ジュンテンドー ホームセンター 巣ごもり消費関連


    *気になる銘柄(中長期) 2020/11/17現在

    いつものように、売上高10%以上成長予定、予想PER10未満、時価総額1,000億未満を条件に絞り込んでみました。
    その結果、44件(前回48件)になりました。

    日経平均が29年ぶり高値更新しているのに微減。
    コロナショックで保守的に見積もっていた。
    そしたら保守過ぎて上方修正したパターンが多かったのでしょうか。

    蛇の目ミシン工業<6445>の家庭用ミシンを買って、手作りマスクを制作。
    園芸やDIYなどの内職系商品を取り揃えている、ホームセンターであるアレンザホールディングス<3546>やジュンテンドー<6445>が好調。
    コロナショックを境に生活スタイルが激変しております。

    アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    決算がすべて終わり、気になる銘柄の入れ替え時期、こんな感じになりました。
    社名に加え、「業務内容」と「関連銘柄」を記載しております。

    証券コード 社名 業務内容 関連銘柄
    1382 ホーブ いちご 農業関連
    1758 太洋基礎工業 地盤改良工事 設備投資関連
    1807 佐藤渡辺 道路工事 設備投資関連
    1867 矢作建設工業 耐震工事 設備投資関連
    1898 世紀東急工業 東急系道路工事 設備投資関連
    2429 ワールドホールディングス 製造派遣・請負 自動車関連
    3261 グランディーズ 大分地盤の不動産屋 マイナス金利関連
    3280 エストラスト 山口地盤マンション開発 マイナス金利関連
    3482 ロードスターキャピタル オフィスビル投資 クラウドファンディング関連
    4433 ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス 店舗向け人材派遣 景気敏感関連
    6033 エクストリーム 技術者派遣 景気敏感関連
    8925 アルデプロ 中古不動産販売 リノベーション関連
    9619 イチネンホールディングス 自動車関連サービス 自動車関連
    9823 マミーマート 食品スーパー ディフェンシブ関連


    *気になる銘柄(中長期) 2020/09/03現在

    いつものように、売上高10%以上成長予定、予想PER10以下、時価総額1,000億以下を条件に絞り込んでみました。
    その結果、48件(前回67件)になりました。

    減少の原因は、中央銀行の市中への資金供給による株高と、コロナ禍で業績が見通せない企業が多いからでしょう。

    ロードスターキャピタル<3482>はクラウドファンディング関連として引き続き気になります。

    ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス<4433>は優良企業です。
    だが、コロナ禍で店舗向けというのは厳しいと思います。

    エクストリーム<6033>はラングリッサーというゲームで有名な会社です。
    ゲーム受託開発以外に技術者派遣も行なっています。
    技術者派遣、特にIT系はコロナ禍でも人手不足です。
    人手不足は人材派遣に良い影響を及ぼします。
    そのため、ゲーム関連以外の側面から見ても有望な企業です。

    自分が気になる企業はそんなところですかね。

    ラングリッサーI&II - PS4
    角川ゲームス
    2019-04-18


    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    決算がすべて終わり、気になる銘柄の入れ替え時期、こんな感じになりました。社名に加え、「業務内容」と「関連銘柄」を記載しております。

    証券コード 社名 業務内容 関連銘柄
    1807 佐藤渡辺 道路工事 設備投資関連
    1867 矢作建設工業 名古屋地盤ゼネコン 設備投資関連
    1898 世紀東急工業 東急系道路工事 設備投資関連
    2429 ワールドホールディングス 製造派遣・請負 自動車関連
    2777 カッシーナ・イクスシー 家具輸入販売 高額消費関連
    3228 三栄建築設計 木造3階建技術に特色 マイナス金利関連
    3244 サムティ 投資家向け物件販売 インバウンド関連
    3236 プロパスト マンション開発 マイナス金利関連
    3261 グランディーズ 大分地盤の不動産屋 マイナス金利関連
    3277 サンセイランディック 権利関係が複雑な不動産売買 マイナス金利関連
    3299 ムゲンエステート 中古物件販売 リノベーション関連
    3280 エストラスト 山口地盤マンション開発 マイナス金利関連
    3299 ムゲンエステート 中古物件販売 リノベーション関連
    3457 ハウスドゥ 不動産売買仲介 リースバック関連
    3482 ロードスターキャピタル オフィスビル投資 クラウドファンディング関連
    3932 リーガル不動産 中古不動産販売 リノベーション関連
    4735 京進 学習塾 少子化対策関連
    6065 ライクキッズネクスト 保育所運営 少子化対策関連
    7122 近畿車輛 鉄道メーカー 鉄道関連
    6059 ウチヤマホールディングス 介護サービス シニア関連
    8887 リベレステ 分譲マンション開発 マイナス金利関連
    8923 トーセイ 不動産流動化 マイナス金利関連
    8925 アルデプロ 中古不動産販売 リノベーション関連
    8940 インテリックス 中古マンション再生販売 中古マンション再生販売関連


    *気になる銘柄(中長期) 2020/04/28現在

    いつものように、売上高10%以上成長予定、予想PER10以下、時価総額1,000億以下を条件に絞り込んでみました。その結果、67件(前回102件)になりました。

    コロナショックがあったに関わらず、銘柄数は減少。それは業績非開示が増えたからでしょう。

    コンスタントに業績の良い京進<4735>は、前回に引き続き注目。それに、近畿車輛<7122>とリベレステ<8887>が加わる。

    その中で特にリベレステは、リーマンショック後に好業績を叩き出した会社なので注目しております。

    コロナ恐慌に打ち勝つ株式投資の必殺技: コロナショックの危機をチャンスに変える投資メソッド

    にほんブログ村 株ブログへ

    このページのトップヘ