ツルハHDやクオールHDといったドラッグストア関連銘柄が弱含んでいます。
2024年4月に実施された薬価改定が影響している可能性があります。
2018年にも薬価改定が行われた際、利益率の低下懸念からドラッグストア株が売られた事例があります。
今回も同様のケースだと考えられます。

富士急行やスターフライヤーなどのレジャー関連株も弱い動きとなっています。
インフレや金利の上昇によって消費者の可処分所得が圧迫されます。
それによりレジャーや娯楽への支出が減少する可能性が高まっています。

ハンモックやD&MカンパニーなどのIPO関連株も軟調です。
金利上昇に伴いリスク資産からの資金流出が起こりやすくなります。
そのためIPO関連銘柄が売られやすくなっています。

証券コード 社名 関連銘柄
153A カウリス IPO
173A ハンモック IPO
189A D&Mカンパニー IPO
2429 ワールドHD 人材派遣
2484 出前館 デリバリー
2593 伊藤園 猛暑
3034 クオールHD ドラッグストア
3088 マツキヨココカラ ドラッグストア
3141 ウエルシア ドラッグストア
3180 ビューティーガレージ 美容
3246 コーセーアールイー 不動産
3391 ツルハHD ドラッグストア
3723 日本ファルコム ゲーム
4433 ヒトコムHD 人材派遣
4436 ミンカブ・ジ・インフォノイド 新NISA
4534 持田薬品 ジェネリック
4816 東映アニメーション アニメ
4825 ウェザーニューズ 水害対策
5616 雨風太陽 ふるさと納税
5869 早稲田学習研究会 教育
6184 鎌倉新書 就活
6740 ジャパンディスプレイ 有機EL
6752 パナソニック 電気自動車
6993 大黒屋 リユース
7205 日野自動車 自動車
7458 第一興商 カラオケ
7494 コナカ アパレル
7780 メニコン アイケア
7847 グラファイトデザイン ゴルフ
8410 セブン銀行 金利上昇メリット
8887 クミカ 不動産
9003 相鉄HD レジャー
9010 富士急 レジャー
9064 ヤマトHD 物流
9143 SGHD 物流
9201 JAL レジャー
9204 スカイマーク レジャー
9206 スターフライヤー レジャー
9432 NTT 通信
9684 スクエアエニックス ゲーム
9733 ナガセ 教育



にほんブログ村 株ブログへ