ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

    カテゴリ:株の傾向と対策 > 週刊 株の傾向と対策

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    まずは、信用評価損益率&日経平均PBR。

    信用評価損益率△6.79%(基準日06/07)
    日経平均PBR1.46倍(基準日06/14)


    次に、騰落レシオ(25日)と出来高(東証1部)。

    ・06/10 騰落レシオ(東プライム) 102.73% 騰落レシオ(東グロース) 93.40% 出来高 13.29億株
    ・06/11 騰落レシオ(東プライム) 97.28% 騰落レシオ(東グロース) 90.03% 出来高 13.77億株
    ・06/12 騰落レシオ(東プライム) 98.90% 騰落レシオ(東グロース) 89.19% 出来高 15.02億株
    ・06/13 騰落レシオ(東プライム) 91.16% 騰落レシオ(東グロース) 89.23% 出来高 16.18億株
    ・06/14 騰落レシオ(東プライム) 95.87% 騰落レシオ(東グロース) 91.39% 出来高 21.56億株


    次に、経済設定条件。

    ・日経平均:38,814円
    ・200日移動平均:35,627円
    ・金融引締傾向
    ・狙いセクター:機械株、素材株、消費循環株


    最後に、外資系動向(株式週間売買状況)。

    05月17日 1,986億円 売り越し

    売り越し基調。
    日銀会合前の様子見ムードで、日経平均は上値重い。
    強いのは、サマーストック関連、半導体関連、生活防衛関連、物流関連。
    弱いのは、IPO関連、ドラッグストア、レジャー関連。



    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ツルハHDやクオールHDといったドラッグストア関連銘柄が弱含んでいます。
    2024年4月に実施された薬価改定が影響している可能性があります。
    2018年にも薬価改定が行われた際、利益率の低下懸念からドラッグストア株が売られた事例があります。
    今回も同様のケースだと考えられます。

    富士急行やスターフライヤーなどのレジャー関連株も弱い動きとなっています。
    インフレや金利の上昇によって消費者の可処分所得が圧迫されます。
    それによりレジャーや娯楽への支出が減少する可能性が高まっています。

    ハンモックやD&MカンパニーなどのIPO関連株も軟調です。
    金利上昇に伴いリスク資産からの資金流出が起こりやすくなります。
    そのためIPO関連銘柄が売られやすくなっています。

    証券コード 社名 関連銘柄
    153A カウリス IPO
    173A ハンモック IPO
    189A D&Mカンパニー IPO
    2429 ワールドHD 人材派遣
    2484 出前館 デリバリー
    2593 伊藤園 猛暑
    3034 クオールHD ドラッグストア
    3088 マツキヨココカラ ドラッグストア
    3141 ウエルシア ドラッグストア
    3180 ビューティーガレージ 美容
    3246 コーセーアールイー 不動産
    3391 ツルハHD ドラッグストア
    3723 日本ファルコム ゲーム
    4433 ヒトコムHD 人材派遣
    4436 ミンカブ・ジ・インフォノイド 新NISA
    4534 持田薬品 ジェネリック
    4816 東映アニメーション アニメ
    4825 ウェザーニューズ 水害対策
    5616 雨風太陽 ふるさと納税
    5869 早稲田学習研究会 教育
    6184 鎌倉新書 就活
    6740 ジャパンディスプレイ 有機EL
    6752 パナソニック 電気自動車
    6993 大黒屋 リユース
    7205 日野自動車 自動車
    7458 第一興商 カラオケ
    7494 コナカ アパレル
    7780 メニコン アイケア
    7847 グラファイトデザイン ゴルフ
    8410 セブン銀行 金利上昇メリット
    8887 クミカ 不動産
    9003 相鉄HD レジャー
    9010 富士急 レジャー
    9064 ヤマトHD 物流
    9143 SGHD 物流
    9201 JAL レジャー
    9204 スカイマーク レジャー
    9206 スターフライヤー レジャー
    9432 NTT 通信
    9684 スクエアエニックス ゲーム
    9733 ナガセ 教育



    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    マミーマートや綿半HDなどの生活防衛関連銘柄が堅調に推移しています。
    メーカーによる値上げが続き、インフレ傾向が止まりません。
    このため、消費者は節約を意識して食品スーパーやホームセンターを利用している可能性があります。

    アルプス物流や遠州トラックといった物流関連銘柄も好調です。
    SGホールディングスとAZ-COM丸和HDがC&FロジHDを巡る買収競争を繰り広げました。
    そのため業界再編への期待が高まっているのかもしれません。

    ライフドリンクカンパニーやワコールHDなどのサマーストック関連銘柄も強い動きを見せています。
    6月も半ばを過ぎ、夏支度の需要が高まっていると考えられます。
    今年は秋も暑くなる予報が出ており、業績面でも期待が持てそうです。

    ディスコやルネサスエレクトロニクスといった半導体関連銘柄も活発です。
    エヌビディアの決算が非常に好調です。
    その影響が他の半導体関連企業にも波及しているようです。

    証券コード 社名 関連銘柄
    2121 MIXI ゲーム
    2404 鉄人化HD カラオケ
    2469 ヒビノ 音楽
    2585 ライフドリンクカンパニー サマーストック
    2607 不二製油G本社 チョコレート
    2813 和弘食品 和食
    2884 ヨシムラHD 冷凍食品
    2961 日本調理機 給食
    3103 ユニチカ 含み資産
    3134 Hamee Eコマース
    3199 綿半HD 生活防衛
    3333 あさひ 自転車
    3591 ワコールHD サマーストック
    4512 わかもと 歯科
    4658 日本空調サービス 太陽光
    5020 ENEOS 石油
    5233 太平洋セメント 復興
    6146 ディスコ 半導体
    6226 守谷輸送機工業 物流
    6363 酉島製作所 海水淡水化
    6535 アイモバイル ふるさと納税
    6701 NEC 人工知能
    6723 ルネサスエレクトロニクス 半導体
    6742 京三製作所 電車
    6794 フォスター電機 iPhone
    6810 マクセル 半導体
    7450 サンデー 生活防衛
    7453 良品計画 中国
    7552 ハピネット ゲーム
    7611 ハイデ日高 ラーメン
    7979 松風 歯科
    8050 セイコーG 含み資産
    8281 ゼビオHD パリ五輪
    8818 京阪神ビルディング データセンター
    9055 アルプス物流 物流
    9057 遠州トラック 物流
    9312 ケイヒン 物流
    9823 マミーマート 生活防衛
    9900 サガミHD 和食
    9946 ミニストップ 親子上場
    9984 ソフトバンクG 半導体
    8051 山善 サマーストック



    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    まずは、信用評価損益率&日経平均PBR。

    信用評価損益率△6.56%(基準日05/24)
    日経平均PBR1.47倍(基準日06/07)


    次に、騰落レシオ(25日)と出来高(東証1部)。

    ・06/03 騰落レシオ(東プライム) 100.92% 騰落レシオ(東グロース) 87.47% 出来高 16.76億株
    ・06/04 騰落レシオ(東プライム) 106.89% 騰落レシオ(東グロース) 95.37% 出来高 17.04億株
    ・06/05 騰落レシオ(東プライム) 98.42% 騰落レシオ(東グロース) 92.38% 出来高 17.17億株
    ・06/06 騰落レシオ(東プライム) 91.24% 騰落レシオ(東グロース) 87.55% 出来高 16.52億株
    ・06/07 騰落レシオ(東プライム) 96.12% 騰落レシオ(東グロース) 90.36% 出来高 13.46億株


    次に、経済設定条件。

    ・日経平均:38,683円
    ・200日移動平均:35,447円
    ・金融引締傾向
    ・狙いセクター:機械株、素材株、消費循環株


    最後に、外資系動向(株式週間売買状況)。

    05月17日 1,126億円 売り越し

    売り越し基調。
    米雇用統計待ちで、日経平均は上値重い。
    強いのは、物流関連、含み資産関連。
    弱いのは、IPO関連、ゲーム関連、生活防衛関連、レジャー関連。

    米国経済指標の見方・読み方・生かし方
    松本英毅
    パンローリング株式会社
    2024-02-12


    にほんブログ村 株ブログへ

    このページのトップヘ