ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

    カテゴリ:決算関連 > IPO(日本株)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    https://kabutan.jp/disclosures/pdf/20240614/140120240614529065/
    Screenshot_20240718-193101~2

    https://kabutan.jp/disclosures/pdf/20240614/140120240614529065/
    Screenshot_20240718-192850~2

    https://kabutan.jp/disclosures/pdf/20240614/140120240614529065/
    Screenshot_20240718-192710~2

    証券コード 211A
    社名 カドス・コーポレーション
    業務内容 店舗工事
    関連銘柄 インバウンド関連
    3Q実績 売上進捗73.8% 営業進捗68.3%
    今期予想 売上高11.3%増 増収増益
    直近の動向 コスモスドラッグ、ツルハドラッグ等の店舗工事
    市場動向 インバウンド需要の増加などにより、商業施設やホテル建設などが回復傾向
    ファンダメンタル指標 予想PER7.30倍 配当利回り2.86% ROE11.8% PSR0.50倍
    貸借対照表 これと言った特別な変動なし
    CF計算書 掲載なし


    オニールの成長株発掘法 【第4版】
    パンローリング株式会社
    2013-01-25


    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    https://kabutan.jp/disclosures/pdf/20240702/140120240701542165/
    Screenshot_20240702-201448~2

    https://kabutan.jp/disclosures/pdf/20240702/140120240701542165/
    Screenshot_20240702-201719~2

    https://kabutan.jp/disclosures/pdf/20240702/140120240701542165/
    Screenshot_20240702-201625~2

    証券コード 206A
    社名 PRISM BioLab
    業務内容 PepMetics技術を用いた医薬開発
    関連銘柄 ペプチド関連
    2Q実績 売上進捗38.3% 営業進捗-%(赤字決算)
    今期予想 売上高167.8%増 増収赤字拡大
    直近の動向 Eli Lilly、小野薬品工業など共同開発契約による初期契約金、マイルストーン収入
    市場動向 2023年のペプチド医薬品市場は500億円、2023年の低分子医薬品市場は1兆円で、PepMetics技術は、これらの市場の成長に伴い有望となりつつある
    ファンダメンタル指標 予想PER0.00倍 配当利回り0.00% ROE0.00% PSR179.4倍
    貸借対照表 総資産の増加は現預金の増加、純資産の増加は新株発行によるもの
    CF計算書 財務CFプラスは新株発行によるもの


    新生ペプチドと ビックリする がん免疫新薬の力
    星野 泰三
    株式会社青月社
    2016-08-17


    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/20240627539091/
    Screenshot_20240628-190025~2

    https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/20240627539091/
    Screenshot_20240628-190104~2

    https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/20240627539091/
    Screenshot_20240628-190408~2

    https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/20240627539091/
    Screenshot_20240628-190159~2

    https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/20240627539091/
    Screenshot_20240628-190319~2

    証券コード 205A
    社名 ロゴスHD
    業務内容 注文住宅開発
    関連銘柄 不動産関連
    3Q実績 売上進捗61.7% 営業進捗25.8%
    今期予想 売上高16.8%増 増収黒字転換
    直近の動向 デジタルマーケティングを活用した効率的な顧客アプローチによって不動産販売が拡大
    市場動向 2023年時点で北海道の戸建住宅の市場規模は2626億円で成熟市場だが、その中で急成長
    ファンダメンタル指標 予想PER8.20倍 配当利回り13.4% ROE28.3% PSR0.26倍
    貸借対照表 総資産の増加は、未成工事支出金および販売用不動産の増加
    CF計算書 掲載なし




    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/20240626537767/
    Screenshot_20240627-171948~2

    https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/20240626537767/
    Screenshot_20240627-172050~2

    https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/20240626537767/
    Screenshot_20240627-172320~2

    https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/20240626537767/
    Screenshot_20240627-172142~2

    証券コード 196A
    社名 豆蔵デジタルHD
    業務内容 モビリティ・オートメーション
    関連銘柄 自動車関連
    4Q実績 売上高8.2%増 増収増益
    今期予想 売上高10.1%増 増収増益
    直近の動向 自動車、船舶向けの製品開発支援、スマートファクトリーソリューションが順調
    市場動向 2023年時点で国内モビリティ・オートメーションの市場規模は約2.7兆円で、 5G、AI、自動運転技術の進展で増加傾向
    ファンダメンタル指標 予想PER19.3倍 配当利回り3.61% ROE60.4% PSR2.77倍
    貸借対照表 総資産の減少はCMS(キャッシュマネジメントサービス)契約終了などによる短期貸付金の減少、純資産の減少は臨時配当金支払いによるもの
    CF計算書 投資CFプラスは短期貸付金の減少によるもの


    ミネルヴィニの成長株投資法
    マーク・ミネルヴィニ
    パンローリング株式会社
    2013-12-05


    にほんブログ村 株ブログへ

    このページのトップヘ