ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

    カテゴリ:本は読んどけ > 経済本

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    株式投資本 に参加中!
    悪女と紳士の経済学 (日経ビジネス人文庫)悪女と紳士の経済学 (日経ビジネス人文庫)
    著者:森永 卓郎
    販売元:日本経済新聞社
    発売日:2001-03
    おすすめ度:5.0
    クチコミを見る

    まずは、概略から。

    第一章 恋愛と結婚の経済法則
    『源氏物語』にあるとおり、日本は本来、既婚者だろうが、未婚者だろうが、そんなの関係ねえ〜、自由恋愛だった。しかし、外部から入ってきた、儒教倫理や、アグロサクソン的恋愛感及び結婚観がそれを歪めた。

    第二章 愛の終身雇用制
    儒教倫理や、アングロサクソン的恋愛感及び結婚観による、法律に守られた結婚制度は、男性や女性を魅力のないおじさん、おばさんに変貌させ、夫は仕事、妻は家庭に専念するように仕向けられた。高度成長においては、その分業体制が効率的だった。

    第三章 恋愛市場の規制緩和
    高度成長期が終わり、心の豊かさを求める社会になるつつある。恋愛は人の心を豊かにする。恋愛市場を既婚者にも開放し、日本の本来のあるべき姿に戻しては!?

    第四章 結婚市場の自由化
    恋愛市場の市場規模は、1990年時点で45.6兆円。GDPの11.4%を占める。15歳〜30歳位までの若年層がこの市場のターゲット。だが、結婚市場の自由化により、既婚者が恋愛市場に参入できれば、40歳以降の人もターゲットとなり、恋愛市場の規模は拡大する。

    第五章 生涯恋愛社会の構築に向けて
    アングロサクソン型家族は、愛に溢れた家庭と浮気は表裏一体で、浮気が発覚してしまうと、社会から制裁を加えられてしまう。それに対して、生涯恋愛社会の欧州型家族は、結婚と離婚が柔軟に行なえる。だが、婚外子などの問題が子どもの成長環境に悪影響を及ぼす。

    日本の目指す家庭システムは、どちらでもない。かといって、先進国すべて一夫一妻制で、経済の安定的成長には、家族の安定性が必要だから、この制度を崩すわけにはいかない。それを残しつつ、生涯恋愛社会を構築するためには、家庭には恋愛を持ち込まない、家庭と恋愛の機能を分離するシステムを導入すべき。

    つぎに、気になったところ。

    「配偶者と死別して、一人になり、生きる力を失ってぼけ始めたお年寄りが、性的なかかわり合いをもてる相手とめぐり合ってぼけが直った人、また、ぼけたお年寄りが、家庭の看護疲れで老人ホームに入れられ、入居した部屋の隣のベッドに、自分の気に入った女性が居合わせ、ぼけが消失した例もある。」(文中より)

    愛の力ですね、わかります。

    また、男の側からみれば誰だって、恋愛市場で恋人関係ができるのであればそうする。それができないこそ、ソープランドに通うのだ。文化人と称する人たちが、そういう男たちを非難するときのイメージ、すなわち、獣がカネにあかせて女性を蹂躙する、というイメージと現実はあまりにかけ離れている。(文中より)

    おれのことか(笑)。森永卓郎は、社会的弱者の視点から、書かれている文章が多い。ま、こういう性格なんだろうな。

    最後に、まとめ。

    ひとこと
    「萌え経済学」も面白かったけど、これも面白かった。日本人の基本は、やっぱ石田純一なんだよね(笑)。それを、儒教倫理やら、アングロサクソン的価値やらが変えてしまったみたい。

    だが、違う文化を真摯に受け入れたおかげで、立派な先進国になれたのも否めない。。。ということで、みんなで石田純一を見習おうでFA??

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    株式投資本 に参加中!
    続・年収300万円時代を生き抜く経済学 実践編!―給料激減でも豊かに生きるための「新・生活防衛術」続・年収300万円時代を生き抜く経済学 実践編!―給料激減でも豊かに生きるための「新・生活防衛術」
    著者:森永 卓郎
    販売元:光文社
    発売日:2003-11-20
    おすすめ度:3.0
    クチコミを見る

    まずは、概略。

    1章 年収300万時代は確実にやって来る
    小泉構造改革により、社会全体の数%にすぎない年収1億円以上の富裕層、6割程度を占める年収300万円台の正社員層、4割を占める年収100万円程度のパート・アルバイト層、新階級社会へ。

    2章 生活を無理なく見直し豊かに暮らす「知恵と工夫」
    住宅ローン、保険の見直しや、国の補助金制度の活用などで、費用圧縮。また、ネットオークションや懸賞金などの副業や、結婚しているなら奥さんに働いてもらうとかで、収入アップ。そのようなちょっとした「知恵と工夫」で、年収300万円でも豊かに暮らすことは容易。

    3章 心豊かなライフスタイルを模索し実践する人たち
    「年収300万円」でも、心豊かな生活を実践している人たちの実例を紹介。

    4章 本当の幸せとは?私自身の「年収300万時代」
    リスクを避ける方法を、きちんと勉強していけば、年収300万円時代を心豊かに生活していくことは可能。

    つぎに、気になったところ。

    特になし。

    最後に、まとめ。

    まとめ
    視点を変えて、身の丈にあった生活をしようってのは、大賛成。だが、金持ち批判は、あまり良くないかと。

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    株式投資本 に参加中!
    年収300万円時代を生き抜く経済学 給料半減が現実化する社会で「豊かな」ライフスタイルを確立する!年収300万円時代を生き抜く経済学 給料半減が現実化する社会で「豊かな」ライフスタイルを確立する!
    著者:森永 卓郎
    販売元:光文社
    発売日:2003-02-25
    おすすめ度:3.0
    クチコミを見る

    まずは、概略から。

    1章 日本経済に起きた「最大の悲劇」
    デフレを解消するためには、需給を均衡させなければならない。それには、ふたつの方法がある。ひとつは需要を増やすこと、もうひとつは供給を減らすこと。小渕内閣は前者で、小泉内閣は後者。小泉内閣は、高生産性の会社を残し、借金の多い低生産性の会社を潰して、供給を減らしていった。

    2章 日本に新たな階級社会が作られる
    小泉内閣は、銀行を「悪人」に仕立て上げ、強い銀行を残し、弱い銀行を淘汰させた。それによって、弱肉強食社会を構築し、金持ちはさらに金持ちになっていく社会へ。

    3章 1%の金持ちが牛耳る社会
    小泉構造改革により、社会全体の数%にすぎない年収1億円以上の富裕層、6割程度を占める年収300万円台の正社員層、4割を占める年収100万円程度のパート・アルバイト層、新階級社会が形成される。

    4章 年収300万時代の「豊かな」生き方
    これからは、年収300万円台層が大半を占めるようになる。しかし、ものごとの視点を変え、身の丈にあった生活をしていけば、年収300万円でも「豊かな」生活は可能。

    つぎに、気になったところ。

    特になし。

    最後に、まとめ。

    まとめ
    日本人って、なんで金持ちをリスペクトしないのかねえ。こうやって、パソコンで情報発信できるようになったのだって、ビル・ゲイツがウインドウズを発明してくれたおかげだろ。そして、身の回りにあるさまざまな便利なサービスとかだって、会社立ち上げて、リスク取ってくれた人たちのおかげでしょ。それで、お金持ちになって何が悪いの??それに、ほとんどの人間が会社に雇われているくせにさ。資本主義の本質、分かってなさすぎ。

    だけど、身の丈にあった生活をしようってのは、賛成だよ。

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    株式投資本 に参加中!
    萌え経済学萌え経済学
    著者:森永 卓郎
    販売元:講談社
    発売日:2005-10-30
    おすすめ度:3.5
    クチコミを見る

    まずは、概略から。

    Chaptar1 「萌え」とは何なのか
    厳しい恋愛市場で、アッシー君、メッシー君、ミツグ君などになり、必死の努力をし、恋人を得ようとする。何度もトライしていく内に、心折れてダメだと悟る。そういうモテない男たちは、キャバクラ、風俗、二次元のキャラクターなどに走る。この本のテーマである、二次元のキャラクターたちは、現実の女性と違い、気まぐれでなく従順だから、深みにはまり。。。

    Chaptar2 躍進する「萌え」産業
    人間は欲深い生き物で、二次元の世界だけじゃ物足りなくなり、三次元に求める。それを具現化したのが、フィギアとか、メイド喫茶とか、メイド足つぼマッサージとかだったりする。

    Chaptar3 アートに萌える豊かな日本へ
    イタリア経済は「芸術」を武器に、年率2.0%の経済成長を成し遂げた。フェラガモ、マックスマーラ、フェラーリなどは、どれも感性豊か。日本も「萌え」という感性を武器にすれば、まだまだ大丈夫。

    Chaptar4 オタク化する消費とネット市場
    ネットの普及により、消費のオタク化が進んだ。例えば、『清水香里の香り』、『蝶野正洋ボイスロック』などなど。

    つぎに、気になったところ。

    特になし。

    最後に、まとめ。

    まとめ
    森永卓郎というと、テレビに出ている胡散臭い経済評論家だという、イメージを描いていた。だけど、これを読んだら、ちょっと見方変わったよ。経済からアニメまで、硬軟語れるおっちゃんなんだね。ホント、引き出しが多い人だよな。

    にほんブログ村 株ブログへ

    このページのトップヘ