ノーインベストメント・ノーライフ


株ときどき雑記
ライブドアショックあたりから株式投資をスタートした個人投資家
紆余曲折を経て高配当銘柄投資にたどり着く
売買は4年に1度ぐらい

    カテゴリ:株の傾向と対策 > 月刊 月次投資

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    5月の月次報告において、二桁の成長率を達成した企業は以下の通りです。

    ・神戸物産(業務スーパー) 10.2%増
    ・コメ兵 27.5%増
    ・スギHD 12.7%増
    ・MonotaRO 17.4%増
    ・トレジャー・ファクトリー 18.4%増
    ・大光(外商) 11.6%増
    ・ワットマン 11.1%
    ・串カツ田中HD 21.2%増
    ・yutori 43.9%増
    ・シュッピン 11.9%増
    ・エターナルホスピタリティ(鳥貴族) 21.3%増
    ・クスリのアオキHD 15.9%増
    ・大戸屋HD 10.6%増
    ・ユニフォームネクスト 16.8%増
    ・AB&Company 11.4%増
    ・ユナイテッドアローズ 10.2%増
    ・KeePer技研 14.6%増
    ・丸千代山岡家 26.8%増
    ・ハードオフコーポ 11.5%増
    ・幸楽苑 17.6%増
    ・あさくま 22.9%増
    ・ハイデイ日高 11.9%増
    ・ギフトHD 18.7%増


    トレジャー・ファクトリー、コメ兵HDなどのリユース関連業界が強い成長を示しています。
    インフレーションや生活コストの上昇により、コストを抑えたい消費者が中古品を選ぶ傾向が強まっています。
    家計の節約志向がリユース市場を支えています 。
    ただ、ブックオフでの架空取引がこの業界に与える影響は気になります。

    yutori、ユニフォームネクストなどのアパレル関連の回復も目立っています。
    コロナ禍で抑制されていた消費行動が解放され、ファッションやアパレル商品への消費が急増しています。
    外出機会の増加やイベントの再開が購買意欲を刺激しています 。

    丸千代山岡家、幸楽苑などのラーメン関連の成長も目立ちます。
    ラーメンは外国人観光客にとって「日本らしさ」を感じられる料理です。
    そのため旅行中の食体験として人気を集めています。


    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    4月の月次報告において、二桁の成長率を達成した企業は以下の通りです。

    ・ソフトウェア・サービス 55.7%増(受注)
    ・コメ兵 31.2%増
    ・大光(外商) 14.2%増
    ・スギHD 13.0%増
    ・MonotaRO 15.3%増
    ・ワットマン 12.6%増
    ・串カツ田中HD 15.0%増
    ・yutori 71.8%増
    ・トレジャー・ファクトリー 20.3%増
    ・シュッピン 27.3%増
    ・エターナルホスピタリティ(鳥貴族) 19.4%増
    ・クスリのアオキHD 11.6%増
    ・大戸屋HD 11.7%増
    ・ユニフォームネクスト 18.6%増
    ・AB&Company 11.3%増
    ・ユナイテッドアローズ 14.7%増
    ・Genky DrugStores 11.5%増
    ・丸千代山岡家 25.7%増
    ・ハードオフコーポ 11.6%増
    ・幸楽苑 15.6%増
    ・あさくま 31.1%増
    ・ハイデイ日高 14.1%増
    ・ギフトHD 17.0%増


    ワットマンなどのリユース関連業界が強い成長を示しています。
    インフレの影響で、新品を購入するよりもコストを抑えたいという生活防衛の動きが見られます。
    そのため中古品やリサイクル品への関心が高まっています。

    スギHDなどのドラッグストアの成長も目立っています。
    インフレによる生活防衛の動きが強まっております。
    その影響で価格競争力のあるドラッグストアを利用するケースが増えています。
    また、高齢化社会の進展に伴い、健康意識の高まりも顕著です。

    yutoriなどのアパレル関連と、丸千代山岡家などの外食関連の回復も目立ちます。
    新型コロナウイルス対策が緩和され、人々の外出や旅行が増加したことが一因です。
    これにより、ファッションや飲食への消費意欲が再び高まっております。


    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2月の月次報告において、二桁の成長率を達成した企業は以下の通りです。

    ・神戸物産 10.6%増
    ・ワイエスフード 11.8%増
    ・ソフトウェア・サービス 117.2%増(売上)
    ・ヨシックスHD 11.1%増
    ・ゼットン 52.7%増
    ・チムニー 12.0%増
    ・スギHD 12.5%増
    ・パン・パシフィック・インターナショナルHD(ドン・キホーテ) 11.1%増
    ・バローHD(スーパー) 11.2%増
    ・物語コーポ 18.1%増
    ・トレジャー・ファクトリー 20.9%増
    ・大光(外商) 10.4%増
    ・コメ兵HD 14.7%増
    ・串カツ田中HD 15.6%増
    ・ジンズHD 13.2%増
    ・NATTY SWANKYホールディングス 11.2%増
    ・買取王国 13.2%増
    ・一家HD 10.3%増
    ・薬王堂HD 10.7%増
    ・セリア 10.6%増
    ・シュッピン 12.6%増
    ・鳥貴族HD 24.0%増
    ・ミスターマックスHD 10.8%増
    ・リンガーハット 11.5%増
    ・日本マクドナルドHD 11.2%増
    ・クスリのアオキHD 16.1%増
    ・ブックオフGHD 10.7%増
    ・大戸屋HD 11.6%増
    ・AB&Company 11.1%増
    ・グローバルダイニング 11.2%増
    ・KeePer技研 10.3%増
    ・Genky DrugStore 12.3%増
    ・イオンファンタジー 19.8%増
    ・丸千代山岡家 36.0%増
    ・ハードオフコーポ 13.4%増
    ・あさくま 27.4%増
    ・ハンズマン 10.1%増
    ・ハイデイ日高 16.4%増
    ・ギフトHD 23.5%増
    ・東和フードサービス 10.2%増


    パン・パシフィック・インターナショナルHDやミスターマックスHDなどのディスカウントストアの成長が目覚ましいです。
    同様に、トレジャー・ファクトリーやコメ兵HDなどのリユース関連も注目に値します。
    日本はインフレにもかかわらず、賃金は上昇していません。
    そのため、節約志向が広がっていると考えられます。

    また、スギHDやクスリのアオキHD、Genkyなどのドラッグストアの売上成長も顕著です。
    これも節約志向の表れだと感じます。
    加えて、健康意識の高まりや高齢化社会に伴う医薬品需要の増加が、この成長に影響している可能性があります。


    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2月の月次報告において、二桁の成長率を達成した企業は以下の通りです。

    ・セリア 11.1%増
    ・神戸物産 11.6%増
    ・ソフトウェア・サービス 117.2%増(売上)
    ・ヨシックスHD 14.1%増
    ・大庄 11.1%増
    ・MonotaRO 14.6%増
    ・物語コーポ 19.5%増
    ・大光(外商) 14.2%増
    ・チムニー 14.2%増
    ・スギHD 17.4%増
    ・トレジャー・ファクトリー 18.4%増
    ・マキヤ 10.3%増
    ・串カツ田中HD 18.9%増
    ・テイツー 10.0%増
    ・NATTY SWANKYホールディングス 10.2%増
    ・買取王国 13.2%増
    ・鳥貴族HD 26.5%増
    ・カクヤスG(飲食店) 11.0%増
    ・コメ兵HD 77.2%増
    ・ジンズHD 17.1%増
    ・クスリのアオキHD 13.9%増
    ・薬王堂HD 10.9%増
    ・大戸屋HD 16.0%増
    ・オンワードHD 13.5%増
    ・AB&Company 15.9%増
    ・アダストリアHD 10.9%増
    ・ユナイテッドアローズ 12.6%増
    ・ナルミヤインターナショナル 15.7%増
    ・ブックオフGHD 11.5%増
    ・ウチヤマHD(飲食) 18.9%増
    ・ワークマン 13.6%増
    ・まんだらけ 18.1%増
    ・イオンファンタジー 18.8%増
    ・丸千代山岡家 48.7%増
    ・幸楽苑HD 17.2%増
    ・カネミ食品 10.6%増
    ・ハンズマン 13.1%増
    ・ハイデイ日高 19.3%増
    ・ギフトHD 28.7%増
    ・ダイイチ 10.0%増
    ・東和フードサービス 10.6%増


    変わらず、いつもの顔ぶれといった印象ですね。
    コロナウイルスの緩和に伴う特需も終息しました。
    その影響で通常のモードに戻ったように感じられます。

    インフレにも関わらず実質賃金はマイナスのままです。
    この影響で、消費者の支出意欲は抑えられ、生活必需品やリユースに対する需要が高まっています。
    そのため、ドラッグストアやリサイクルショップなどの生活防衛関連の企業が引き続き堅調な業績を示しています。

    また飲食業界の強さは目立ちます。
    コロナウイルスの緩和に伴う特需が終息しました。
    にもかかわらず飲食業は依然として力強い成績を収めています。
    これには、うるう年効果が一因として考えられます。
    うるう年の2月は通常の年よりも1日多いです
    これにより販売日数が増加し、売上高が向上する可能性があります。


    にほんブログ村 株ブログへ

    このページのトップヘ