1: :2014/06/05(木) 19:22:20.89 ID:

ssa

年間の経済波及効果は約400億円―。ぶぎん地域経済研究所の調査で、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)にそんな効果があることが分かった。施設周辺では新たな開発も進んでおり、好調な施設利用が続けば、さらなる経済効果も見込めそうだ。

調査は2013年の施設利用実績を基に算出した。入場料や飲食、宿泊費などの直接効果は約261億円。グッズ生産などに関連する間接1次効果は約63億円。関連産業で働く人の所得増加でさらに消費、生産が増える間接2次効果は約70億円。これらを合わせると、約400億円になるという。

...(中略)...

さいたまスーパーアリーナの利用が好調なのは▽会場の設営が便利▽屋内の会場としては国内最大級▽客席数が変更可能▽ステージの見やすさ▽アクセスの良さ―などが挙げられるという。

...(後略)

詳しくはソース http://www.saitama-np.co.jp/news/2014/06/04/05.html

にほんブログ村 株ブログへ 【スーパーアリーナ、経済効果400億円 周辺で新たな開発も】の続きを読む